スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
京都大学 山中伸弥が最近、、
2007 / 11 / 23 ( Fri )
京大、ヒトの皮膚細胞から“万能細胞”作成に成功
日刊工業新聞
京都大学物質―細胞統合システム拠点(再生医科学研究所)の山中伸弥教授、高橋和利助教らは、筋肉や神経、臓器(肝臓、すい臓など)などあらゆる細胞へと分化する“万能細胞”を人間の皮膚細胞から作製することに世界で初めて成功した。人間の受精卵から作る胚性幹細胞(es ...(続きを読む)


ドリー生みの親 クローン研究断念
MSN産経ニュース
京都大医科学研究所の山中伸弥教授らがマウスの皮膚細胞から新たな「万能細胞」をつくるのに世界で初めて成功したことに注目、研究方針を切り替えるためという。 クローン研究のパイオニアの転換は世界の研究者に衝撃を与えそうだ。 ヒトクローン胚からはさまざまな臓器や ...(続きを読む)


今日のマスコミ
JanJan
京都大・再生医科学研究所の山中伸弥教授らは、人の皮膚細胞に複数の遺伝子を組み込み万能細胞(人工多能性幹細胞=ips細胞)をつくることに成功した。人間の体細胞から万能細胞ができたことで、臓器や組織を補う再生医療が現実味を帯びてきた(各紙) ●国営諫早湾干拓 ...(続きを読む)



旬な話題 iPS細胞
京大チーム「拒絶なき移植」前進 人間の皮膚細胞から、さまざまな臓器や組織の細胞に成長する能力を秘めた「万能細胞」を作ることに成功したと、京都大学の山中伸弥教授(幹細胞生物学)らの研究チームが発表した。患者と遺伝情報が同じ細胞を作製でき、 ...(続きを読む)


山中伸弥教授
京都大物質−細胞統合システム拠点の山中伸弥教授らの研究グループが、体細胞を遺伝子操作してさまざまな細胞になる能力を持たせた多能性幹細胞「iPS細胞」を、人の細胞で作ることに成功し、米科学誌「セル」電子版で20日発表した。 ...(続きを読む) ...(続きを読む)


音楽草笛で”追憶”演奏、人間の皮膚から万能細胞・・・
人の皮膚細胞などに複数の遺伝子を組み込み、各種の組織のもとになる万能細胞(人工多能性幹細胞=iPS細胞)をつくることに、京都大・再生医科学研究所の山中伸弥教授らが成功した。21日、米科学誌セル(電子版)に発表する。 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
02:08:17 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。